相模原市立桜台小学校
校章・校歌
 


校章の由来
制定 昭和46年9月1日   考案者 山 本 春 雄 氏

春になると校地内や地域にある、数多くある桜の花
が一斉に開く景観は、桜台の地名・学校名の由来と
もなっている。
この花びらと、校庭にのびのびと育つ「いちょう」の葉
を図案化し、一つの輪(和)にまとめてある。
ここに学ぶ児童の「明るく、のびのびと、相互に助け
合って」という願いが、この図案にこめられている。
 


桜台小学校校歌
作 詞  小 島 喜 一
作 曲  木 島 亮 一

一. 大山 丹沢 山なみ遠く 希望ひろがる  青い空

若木よわれら この丘から 根強く直く  のびていこう

日本の力と のびていこう 桜台小学校 元気なわれら


二. 桜に松に いちょうの木々に 小鳥もよんでる 歌ってる

つぼみよわれら この窓から 新たな知恵の 花ひらこう

世界のしあわせに 花ひらこう 桜台小学校 明るいわれら




※校歌を再生するときは、音量を調整してお聴きください



Copyright (C) Sakuradai Elementary school All Rights Reserved.